車は日常的に点検をしよう

運転席に座って、車を動かす前にいろいろとん権をしておくというのは安全運転の基本です。
方法としてはいろいろとあるのですが、電気系統のチェックというものをまず行ってしまいましょう、
電気系統の点検ということにおいてはブレーキ、ライト、ウィンカーなどを作動する際にきちんとそれにともなって点滅するライトが作動しているかというのを、周りにいる人に診てもらうということが必要です、
また、窓がきちんとあくか、ワイパーの作動状況やウィンドウォッシャー液がきちんと出るかというようなことも付随して行う用意をしましょう。
エンジンをかけた時に、反応はどうか、またガソリンの量なども事前にちぇくをすることが大事です。
異音などがしている場合というのは、運転中にトラブルなどを引き起こしかねないということもあるので、できるだけ気が付いた時点で修理を依頼するように心がけるということも必要になります。
サイドブレーキ、またフットブレーキの踏込、引きしろなどおかしいところがないかのチェックも忘れずに行いましょう。
点検を日々行うということによって、メリットとしてはおかしいところをすぐに把握できるということになり、トラブルが起こる前に対処をするという事が出来る様になるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。